ワーキングホリデーに行くか迷っている方へ

みなさんこんにちは。2018年1月からワーキングホリデーでオーストラリアへ渡航計画を立てている、まい(@_mai.travel_)です。

突然ですが、ワーキングホリデーを考えている方はどれくらいいるでしょうか?少なくともこの記事を見てくださっている方の中には、ワーキングホリデーを検討している方も多いかと思います。

  • 海外で働いてみたい
  • ワーキングホリデーって面白そう!
  • 海外へ長期で行ってみたい
  • 考えただけでわくわくする

など、ワーホリに興味を持っている方のために、今日はこの記事を書こうと思います。

あなたが迷っている理由は、なんですか?

  • お金がない
  • 時間がない
  • 仕事を辞める勇気がない
  • 年齢的に現実的ではない
  • 英語が出来ない
  • 現実逃避ではないのか
  • 治安が心配
  • 現地でちゃんと生活できるのか
  • 帰国後はどうするか

上記以外にも様々な不安が思い浮かびますよね。

私も絶えず不安はついてきます。仕事探し、家探し、友達は出来るかな、新しい場所での生活はどうなるんだろう…とか。

そしてもう一つ壁が年齢。ワーホリは31歳までという制限があるので、その年齢に近づけば近づくほど不安になる方もいるでしょう。




心から「行きたい!」と思うのなら

会社を辞めて海外に一人で行く事に、最初は不安もありました。

日本にいる友達はみんな就職先で何年も頑張ってるし、帰国後がさらに不安…。

ですが、あなたが心から「やりたい!」と思えたのならまず行動しましょう!

今日・明日で出来る事ではないので、準備を踏まえて半年~1年くらい時間があるといいのかなと思います。
一生のうちに一度しかないチャンスです!!

やらない後悔か、やって後悔か。決めるのは自分次第です。実際に現地に来てみると、何とかなるって感じです(笑)

仕事も貰えてるし、シェアハウスも慎重に選べば大丈夫!英語も「話さなければいけない状態」に身を置いてるので、自分から勉強する意欲も増えました。

そして発音も良いし言い回しも豊富なので、日本で習うよりもっと実践的に英語を勉強出来ます。




ワーホリから夢を掴んだ人も

メルボルンにいる、ある有名な日本人のバリスタさんにお会いする機会があったのですが、その方のスタートはワーホリビザだったそう。それが今、バリスタの世界チャンピオンにまで上り詰めている凄いお方なんです!

自分のブランドを作ったり、写真家をやったり、バリスタになったり、夢を追いかけて掴んでいる方もいます!!

そういった意味では、いつどんなチャンスが巡ってくるかわからない、そんな無限の可能性を秘めているのもワーホリの良いところです✨

行かないのも選択肢

中には本当に迷って、考えて、やっぱり行けない。という方も多いと思います。

ワーホリ検討中に、また別にやりたいことを見つけることもあると思うし!

それも選択の一つです。誰も批判なんてしないし、ご自身で考えて決めたことなら全然ありだと思います!

ただ、この先に後悔のない選択をしてくださいね。

今しか選択できない


私は、何もかも「経験」だと思っています。お金では買えないですよね!

もちろん辛い事や思うようにいかない事、悔しい事もあるだろうけど、全部ひっくるめて自分への経験として吸収していきたい!そう思います。

私はワーホ中に、達成したいことをまとめてあります。

例えば

  • 語学の習得(現地の人と会話したい)
  • 世界各国の友達を作る
  • オーストラリア各地の絶景を堪能する
  • 写真を撮りまくる
  • スカイダイビングをする
  • ダイビング、シュノーケリングをする
  • 魔女の宅急便のモデルと言われてるパン屋さんに行く
  • メルボルンでカフェ巡りをする
  • ファームジョブを充実させる
  • ワーホリを楽しむ!

出してみたらほとんどが遊びですが(苦笑)、この目的があるから、迷っても軌道修正出来るのではないかなと考えています。

一度自分がやってみたい事や目標をリストアップしてみるのもいいかもしれません(^^*)
ワーホリ中にやりたいこと、達成したいことなどを決めておくと、現地での過ごし方もぐっと濃いものになるのではないでしょうか。

今回は個人的な意見になりましたが、少しでも迷っている方の背中を押すことが出来たらと思います。
オーストラリアに行った際には、現地での生活をたくさんお伝えしていきたいと思っています(≧▽≦)

それでは、また!

↓応援よろしくお願いします♪↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村