こんにちは!お久しぶりのまい(@_mai.travel_)です。

少し間が空いてしまいましたが、オーストラリアの州別まとめを再開したいと思います!
今回は【ノーザンテリトリー準州(TN)】です(^_^)

早速始めましょう~!

NT準州の場所は?

オーストラリアの中央部に位置している壮大なエリアです。
あの有名なウルル(エアーズロック)があるのもこの地(^_^)

広大な大地ならではのアクティビティも沢山ありますよ!

NT準州の人口

広大な地に反して、人口は少なめの25万人弱。シドニーのあるNSW州が約754万人なので、30分の1ほどしかありません。
人口が少ないので「州」ではなく「準州」とされています。
そのうちの約6割が首府ダーウィンに集中しています。




NT準州の気候

NT州は一年を通して乾燥しており、気候は亜熱帯・熱帯雨林気候です。
11月~4月が雨季で、5月~10月が乾季といわれています。

夏の平均気温は20~35度、冬は3~20度と寒暖の差が激しいので注意が必要です。
周りに遮るものがないので、氷点下になる時もあるそうです。寒さ対策は万全に!

NT準州の行政区域

ノーザンテリトリー準州は、9つの地域に区分されています。

  • ダーウィン
  • パーマストン
  • アリススプリングス
  • キャサリン
  • ハワードスプリングス
  • ハンプティドゥ
  • ローベリー
  • ヌーランビル
  • テナントクリーク

NTの世界遺産

オーストラリアには全部で19個の世界遺産が登録されています!

文化遺産・自然遺産・複合遺産に分かれており、文化遺産が3・自然遺産が12・複合遺産が4つあります。

ノーザンテリトリー準州には世界遺産が2つ登録されています。

  1. カカドゥ国立公園(1981年/複合)
  2. ウルル=カタ・ジュタ国立公園(1987年/複合)

皆さんご存知「地球のへそ」と言われているウルル(*^^*)
ここは外せない観光スポットです!原住民アボリジニの文化を実感できる、聖地としても有名です。

カカドゥ国立公園は、オーストラリアで最初に登録された世界複合遺産です!
ここでもアボリジニの文化に触れることができ、壁画や野鳥・植物も多くみられる場所です。

先住民族の歴史や文化を感じる事の出来る、エネルギーに満ち溢れた土地です!

まとめ

州別まとめを始めてから、ノーザンテリトリーのことを書きたくてやっと書けました!(笑)

真っすぐな道に砂漠地帯もあって、まさに自然の宝庫!
それに加え先住民の文化も体験できたり、貴重な時間と体験をすることが出来るので、抑えておきたいポイントですね!

私は絶対に行こうと思っています(*^O^*)
それではまた!

↓応援よろしくお願いします♪↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です