結論、英語学習は「インプット」が大事だよって話

こんにちは!オーストラリア歴2年目のまい(@_mai.travel_)です!

ツイッターやYouTubeでも、いろんな方が英語学習方法をシェアしていますよね。
毎回「この英文でこんな言い回しができるのか…!」と驚かされています。

私自身オーストラリアに来て2年が経ち、なんとか会話くらいはできるようになりました。

そこで、今回は私の実体験と勉強法をシェアしていきます。

こんな方におすすめ
  • 少しでも会話力を身につけたい
  • 効率よく学びたい
  • スキマ時間に勉強したい
  • 続けられる教材を知りたい
  • 初心者でもわかりやすいものがいい
  • コストを抑えたい

海外行ったら英語ペラペラなんて甘い幻想

まずはじめに、残念なお知らせが一つ。

海外に行けば英語環境になるわけだし、何もしなくても英語伸びるっしょ!

などど思っているのは、渡航前の私以外いないと信じたい。(笑)

みんなわかると思いますが、勉強しないと英語なんて伸びません。
というとツッコまれそうで怖いんですけど😂

一年、海外にいるだけで英語ペラペラなんだったら、誰でもネイティブスピーカーになって帰ってきますよね。

莫大な量を1年でこなすのは至難の技です。

人によって学習方法は様々ですが、10年くらいのスパンでみないと、語学習得は続けられないのではないかなと感じています。

英語力が皆無だった2018年

2年前くらいにオーストラリアへ来ましたが、そのころはインプットもほぼしてなくて、「Yes」と「OK」しかわからないレベルでした。

買い物も一苦労。

鶏肉の部位を調べるのに1時間かかるほどでした。

少しの買い物にも、トータルで2時間以上かかる始末です。もう笑えません!(笑)

毎日Google翻訳をお供にして過ごしていました。

語学学校で知った自分のレベル

私の性格上、「なんとかなるっしょ精神」なので、日本ではそれほど焦らず勉強という勉強をしてきませんでした。

ですが、シドニーの語学学校へ行った初日のこと。

自分のレベルを図るテストがありました。

… 撃 沈 😇

予想はしていましたが、一番下のクラスになりました。(一番下が悪いわけではないですよ)
しかも私以外、みんな英語出来てるやん!!とツッコみたくなるほど。

英語を喋るのが怖くなった

それからというもの、陽気だった私も結構凹みました。

  • 自分の情けなさ
  • 会話に入っていけない寂しさ
  • 英語力の自信のなさ

学校で話すのは日本人ばっかりになったり、外国人の輪に入ったら聞き役に徹していたり。

とにかく「英語を話すこと」から逃げていきました。

ですが次第に、周りとの差に焦るようになり、
「少しでも会話に入りたい!」という一心で英語学習をスタートさせました。

今まで勉強をしてこなかった自分を悔いながら(笑)

でも、ここで自分のレベルに気付けたからラッキーだよね!

こんな感じで、持ち前のポジティブさで自分をフォローしてました😂

なんでもいいんです、頑張る理由なんて!

   

学びもたくさんありました。
特に日本とオーストラリアでは、教え方が全く違うということが大きかったです。

  • 受動的ではなく、能動的
  • 自由に飲食できる(早弁は×ですが、軽食は◯)
  • 週に1回アクティビティがある(参加型で、クラス関係なしに楽しめる)

これは結構衝撃でしたし、これまでの教育と全く違ったので、ここでシェアします!

日本との授業の違いは?

学習の定着化というテーマで、「ラーニングピラミッド」という図が存在します。
見たことある!という方も多いのではないでしょうか?

引用:Habi*Do
  • 5% 授業・講義を受ける
  • 10% 教科書・本などを読む
  • 20% 音声や動画で学習する
  • 30% 実演を見る
  • 50% グループで議論する
  • 75% 経験・体験する
  • 90% 誰かに教える

この上位5%〜30%までが「受動的」。要は「受け身」の状態であり、聞いたり見たりしている場合ですね。

これだと知識はつきますが、定着するには不十分だと言われています。

   

これに対し、50%〜90%は「能動的」で、体験したり、アウトプットしています。

記憶にメモすることで、「あの時に使った単語は、こういう意味だったよな」と脳が覚えている状態を作り出せるんです。
これにより、インプットしたものがより定着しやすくなります。

オーストラリアの授業は、後者のアウトプットがメインなんです。
ただ先生の授業をノートにまとめる日本の授業スタイルとは真逆だったので、最初は衝撃を受けました。

もちろん学校によってやり方は違うと思いますが、私が通っていた学校は

  • 教科書の重要な部分を教わる
  • 問題を解く
  • 2人ペアで話し合う
  • 全員で意見を出し合う

といった感じで、4割インプット、6割アウトプットという授業スタイルでした。

自分でも驚くほど、相手の言っていることが理解できるようになったり。
言いたいことが3分の1くらい言えるところまで成長しました。(前までは0でしたからね…)

おかげで英語に対してのマイナスな感情は消え、英語の楽しさを教わりました。

アウトプットには限界がある

学校に慣れた時に思ったのが、「いくらアウトプットメインでやっていても、結局はインプットしなければ停滞してしまう」ということでした。

日常会話ができるようになると、ほとんどの人がこの壁にぶつかることになるでしょう。

  • 単語の使い回しが一緒
  • 新しい単語を使いこなせない
  • 同じ文法しか使えない

そうして気付くんです。

あれ?英語力・・・

伸びてなくね!?

今までアウトプットメインで、成長を実感してきた私でしたが、根本の「知識」がないと会話にならないこと。そこに気付きました。

そこでの対処法が下記の3つです。

  1. 英文法を学ぶ
  2. 発音・単語を覚える
  3. 好きな動画を見て覚える

そして最後に、覚えたことを会話に組み入れる、という流れです。

おすすめインプット方法

私はオーストラリアに来ていますが、どこ(日本)にいてもできる方法をここでは紹介します。

「自分のペースで、続けること」を重視するのがポイントです。
続かないと、元も子もないですからね。

文法を学習する

リスニング、ライティングなど、英語にもいろんな分野があるのに、なぜ文法が先なのか?というと。

数に限りがあるから

です。

膨大な数の英単語を覚えるよりも、数が限られた英文法(土台)をまず覚えて、即戦力につなげる作戦です。

一億人の英文法

そこでおすすめなのが「一億人の英文法」という本です。
もちろん私も使っている本ですし、英語ができる日本人は、ほぼ全員この本を持っているほど大人気です。

Amazonの売れ筋ランキングでも、堂々の1位を誇っているので、信頼も厚い文法本です。

おすすめポイント
  • 図解つきでイメージがしやすい
  • 説明が具体的でわかりやすい
  • 初心者でもわかりやすい
  • 英語ができる日本人がおすすめするほどの信頼と人気

筆者の大西 泰斗先生は、NHKの英会話番組で講師を務めるなど、さまざまな場面で活躍されています。

大西先生を初めて見たのはNHKの「おとなの基礎英語」という番組で、説明が非常にわかりやすく印象的だったので、即ググりました!(笑)

嘘だと思って、試しに読んでみてください!クセになりますよ✨

一億人の英文法 すべての日本人に贈る−「話すため」の英文法/大西泰斗/ポール・マクベイ【合計3000円以上で送料無料】
created by Rinker

発音・単語を覚える

文法をある程度覚えたら、発音や英単語の勉強にうつるのがおすすめです。

中でも、発音を先にすると効率的です。なぜなら、これも数が限られているから。

YouTubeでわかりやすい解説を見つけたので、ここでシェアしておきます。

その後に、英単語を覚えていくというのが、私の実践している勉強法です。

単語の勉強は、日常会話で必要なもの・趣味で使う単語から覚えました。

例えば

  • 感情表現(嬉しい、悲しい、怖いなど)
  • 物の名前(食器や野菜など)
  • カメラ用語

といった感じです。

今の自分に必要な単語を学んでいるので、覚えやすいし続けられます。

これも人によって異なるので、少しずつ数をこなすくらいでちょうどいいのではないでしょうか。

書籍なども大量にありますが、ワーホリで来ているし荷物がかさばるので、ほぼYouTubeで学びました。

動画を見ながら学ぶ

「無料の神アプリ」でおなじみのYouTube
ワーホリに来てからというもの、YouTubeは重宝しています。

今や知らない人はいないですよね。
おもしろ系からビジネス系、語学勉強にだってYouTubeは最適で、これを見ている今からでも始められます!

私が参考にさせてもらっていたのが下記の御三方!

なぜ、この三人をメインで見ていたかというと、大きく3つ理由があります。

おすすめポイント
  • 時間が短い
  • 知りたいフレーズをピックアップできる
  • 無料なのに内容が濃い(ネイティブな発音など)

一番大きいのは、無料で本格的な英語を学べる点です。
今のご時世に無料で英語が勉強できるなんて、恵まれているとしか言いようがありません。

この時代に生まれたことに感謝!(泣)

私の場合は、分からない文法や言い回しをピックアップして、一日1フレーズ憶えるという勉強法をしていました。

 

え、なんで1フレーズなの?と思いましたよね!?

詰め込みすぎると

続かないから!

自分が三日坊主なのを知っているので、まずは続けることを一番に考えて行動しました。
このマインドは本当に大事なので、ぜひ意識して取り組んでください。

そしてアウトプット

「今日は9割できた!」
「今日は半分だったな」

インプットを繰り返していき、1日の締め括りなどにアウトプットするとより効果的です。

オーストラリアという、私は特にアウトプットしやすい環境なので、積極的に誰かと話すようにしています。

日本だと外国人と接する機会が限られてしまうと思うので、オンライン英会話で英語を話すのが効率的です。

オンライン英会話「ネイティブキャンプ」

いろんなテレビや雑誌で取り上げられていて、2020年4月時点で
累計利用者が40万人を超えるほど、大人気のオンライン英会話です。

ではなぜ、ネイティブキャンプ が選ばれているのか?

そのポイントは、大きく3つあります。

ネイティブキャンプが人気な理由は?
  • レッスンが受け放題
  • カランメゾットの導入
  • いろんな国の講師と話せる

まだまだあるのですが、今回はこの3つを徹底解説していきます。

1日50円でレッスンが受けられる!?

通常オンライン英会話は、レッスン回数と料金が決められています。

ですがネイティブキャンプでは、V回数無制限24時間365日いつでも受講することができます。

月額6,480円のコースの場合、1日1回〜5回までを計算すると、下記の通りになります。

  • 1日1回 → 216円
  • 1日2回 → 108円
  • 1日3回 → 72円
  • 1日4回 → 54円
  • 1日5回 → 43.2円
1日5回レッスンを受けた場合、なんと

1日43.2円

で利用できる計算!

受ければ受けるほど、お得になっていくんです!

1日5回はむりだよー!!💦

こんな方でも、大丈夫。

  • すきま時間に手軽にできる
  • 続けやすい価格
  • どこにいても繋がる

上記がネイティブキャンプの魅力なので、1日1回手軽に続けやすい環境を作れます。

カランメゾットを採用

カランメゾットとはイギリスで生まれた勉強法で、通常のおよそ4倍のスピードで英会話力が上がると言われています。

  • テンポが速い
  • 講師が質問→生徒が答える、を繰り返す
  • 文法が身に付く
  • 教科書を使わない
  • レッスン中は質問できない
  • 約80時間でケンブリッジ英語検定試験レベル(通常350時間ほど)

例えば、渡航日まであまり時間がない場合や、英会話を短時間で身につけたい場合は特におすすめのコースです。

もちろん、カランメゾット以外にも13種類のコースがあるので、自分にあったプランを選んでください。

TOIEC対策コースもあるので、学生を持つ親御さんにも指示されています。

講師の国籍が豊富

ネイティブキャンプでは、英語圏以外の講師もたくさんいます。

特にそれがおすすめな理由は、オーストラリアは多国籍文化だからです。

いろんな国の人がいるので、その国のアクセントに触れる機会があります。

なので、多国籍に対応しているのが、このオンライン英会話の魅力の一つなんです。
しかもそれを日本でできるなんて、なんと羨ましい!(笑)

もし日本にいる時にネイティブキャンプを知っていたら、間違いなく絶対やってました!

ある程度会話するのに慣れておくのも大事ですからね。

1週間無料キャンペーン中

ネイティブキャンプでは、7日間のお試し期間を実施しています。

支払い設定でカード情報を入力しますが、7日間以内のキャンセルであれば、ひき下ろしもありません。

この機会に、体験オンライン英会話でスキルアップ目指してみませんか?

まとめ

今回のまとめ
  • 海外に来ただけでは英語は上達しない
  • アウトプットには限界がある
  • 土台を作るための、インプット
  • 学んだことをアウトプット
  • 結論、インプットが基盤であり大事

オーストラリアで出会った友達や学校での体験のおかげで、「英語を話すのが怖い」から「楽しい」に変わっていきました。

  

英語を学ぶことで

  • 和訳されていない文章を読める
  • 世界の最新情報が手に入る
  • 未来が読める

といったように、自分の得にしかならないので、一緒に英語学習を楽しんでいきましょう!

それでは、また次回!

Leave a Reply