AUSの州別まとめ【ニューサウスウェールズ州】

こんにちは!まい(@_mai.travel_)です。

皆さん、オーストラリアについてどのくらい知っていますか?突然聞かれても…と思うかと思います(笑)

もうすぐワーキングホリデーに行くので、少しでも知っておかなければと思い、「AUSの州別まとめ」と題してオーストラリアを州別で比較・州それぞれの魅力を皆さんにもお伝えしようと思います。

オーストラリアは日本の約20倍の広さを誇る国で、世界第6位!そして気候も州によってがらっと変わります。

今回はオーストラリアといえば「シドニー」!ということで(フリが雑ですみません)、シドニーのあるニューサウスウェールズ州をまとめていきます。

ニューサウスウェールズ州の位置

オーストラリアの東南部に位置していて、最初のイギリス国の入植地でもあります。皆様お馴染みの大都市、シドニーがあるのもこの州です!

NSW州の人口

オーストラリアの中で最も人口が多い州が、ニューサウスウェールズ州。2014年の時点で、約754万人と言われています。その大半がシドニーに集中しています。

どこの都市も似たようなものですが、スーツを着たキャリアウーマン、キャリアマン、多くの観光客で街中は賑わっています。

余談ですが、「オーストラリアの首都 = シドニー」と思っている方は少なくないのではないでしょうか?
私はずっとそう持っていたので、実際の首都がキャンベラと知った時は衝撃でした。(オーストラリアの皆様すみません(笑))




NSW州の気候

年中温暖なイメージがあると思うのですが、実際は日本と同じで四季があります。ですが南半球に位置しているので、日本とは季節が逆になり、9~11月が春、12月~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬となります。

注意しなければいけないのが、1日の気温差が大きいこと。1日の内に春夏秋冬が来ると言われるほど。時には1日で15度も寒暖差のある「クール・チェンジ」が起きたり、1日のうちで気温が変わりやすいのもオーストラリアの特徴です。

夏でも少し薄着の上着を持って行くことをおすすめします。冬は日本と同じくらい冷え込みますので、体調管理には要注意です!

NSW州にある世界遺産

ニューサウスウェールズ州には6つの世界遺産が存在しています。

  • オペラハウス(Opera House)

言わずと知れた世界的に有名なオペラハウスは、ユネスコ世界遺産に登録されており、「歴史全体の中で人間が創った最も優れた名作のひとつ」と謳われるほどの建築業界の最高傑作です。

オペラハウスの周辺では季節によってさまざまなイベントが行われており、1月下旬には「オーストラリアデー」。5月~6月では「ビビッドシドニー(Vivid Sydney)」、そして南半球最大と呼ばれている「年越し(NewYear)」などが挙げられます。イベントの度に花火やライブなどが行われるので、イベントに合わせて日程を組むのもおすすめです!

オペラハウスでは日本語対応のツアーも行われています。

  • ハイド・パーク・バラックス博物館(Hyde Park Barracks Museum)

バラックス博物館と呼ばれていますが、創めは男性囚人宿泊所として建築されました。その後1848年に移民収容所、1887年に法廷・庁舎となり、1984年に博物館となりました。最も興味深いのが、建築者も囚人だったという話。

私はホラーなどが苦手なので行かなかったのですが、ミステリーなどがお好きな方におすすめです(笑)

こちらもバラックス博物館と類似いるのですが、オーストラリアの囚人遺跡群と呼ばれるコカトゥー島も世界遺産に登録されています。もともとは先住民アボリジニの住居だったのですが、1787年~1868年にかけて、約17万人の流刑囚たちが強制労働をさせられおり、以前の大規模な囚人の輸送を現在でも見る事の出来る遺産とされています。

シドニー湾から就航するフェリーから10分ほどで上陸でき、入場無料なので存分に観光できます。

  • ゴンドワナ多雨林群(Gondwana Rainforests of Australia)

ゴンドワナ多雨林群はNSW州北東部からQLD州南東部にまたがる多雨林地帯です。その長さはなんと3700kmに及びます!樹海、洞窟、そして滝など様々な自然はもちろん、数億年前の動植物を今でも見ることが出来ます

都会を離れて、大自然と触れ合う時間を作ってみてはいかがでしょうか?

  • ウィランドラ湖群地域

NSW州の南西部にある湖群地域は約4万年前、オーストラリア大陸が他の大陸と離れる前からの痕跡が残っている場所です。もともとは湖だったのですが、干上がり今の状態になったそう。あまり観光ブックには載っていない穴場の世界遺産です。

約33kmに永遠と続く三日月形のような砂丘を見ることが出来る、オーストラリアならでは体験はいかがでしょうか。運が良ければ野生のカンガルーやエミューに会えるかも!?

  • ブルーマウンテンズ(The Blue Mountains)

アボリジニの聖地であるブルーマウンテンズはシドニーセントラル駅から電車で約2時間、車で1時間30分の場所にあるので、日帰り旅としても人気の観光地です。ユーカリの木から油分が蒸発し、それが太陽の光によって青く霞んで見える事から「ブルーマウンテンズ」と名付けられました。

実際に行ってみると、本当にあたり一面が青く見えました!空気も美味しいので、トレッキングやロープウェイでの観光も人気。交通費が安くなる日曜日が断然おすすめです!約$2.5で往復出来ちゃいますよ!

>>NSW州で必須のオパールカードについてはこちら<<

>>シドニーの日本語ツアー予約はこちら<<

まとめ

大都市であるシドニーですが、少し足を延ばせばビーチに行けたり、自然を満喫出来たり、楽しみ方は実に様々です。

日本との時差も1時間しかないので、日本と連絡も取りやすく長期滞在にも向いている場所だと思います。(10月~4月の間はサマータイムが導入されるので時差は2時間)

歴史と現代が合わさった街並みも写真スポットで人気なので、シドニーに来た際はぜひ思い出をたくさん残してくださいね!